ホーム >  全ての記事 >  ハワイのコンドミニアム「メンテナンスフィー」とは 主要コンドミニアムの料金は?


ハワイのコンドミニアムを所有すると毎月支払わなければならないのが、メンテナンスフィーです。
日本のマンションの管理費とは何が違うのか、相場はいくらぐらいなのか、またメンテナンスフィーが安いコンドミニアムと、高いコンドミニアムはどこなのか等についてご紹介します。



メンテナンスフィーとは?

ハワイのコンドミニアムを所有するオーナーは、必ずメンテナンスフィーの支払いを行わなければなりません。
このメンテナンスフィーとは、一般的な建物の管理にかかる費用のこと。
エレベーターの点検やコンドミニアムの入口など共用部分のクリーニングなどの費用をまかないます。
またハワイのコンドミニアムでは、プールやサウナ、ジャグジー、スポーツジム、BBQグリル、パーティルーム、シアタールームなど共用施設が充実していることが多く、そのような施設の管理費用もメンテナンスフィーに含まれます。

その他、日本と異なり特徴的な点は、電気や水道、インターネットなどの料金も含まれている場合があるということ。
メンテナンスフィーに含まれる内容は各コンドミニアムにより異なりますが、ハワイでは上下水道がメンテナンスフィーに含まれているのが一般的。
電気は各住居のオーナーが使用した分だけ、個別で支払うケースが多いでしょう。
水道代から電気代、ケーブルTVなどすべてメンテナンスフィーに含まれているコンドミニアムもあります。



日本のマンションの管理費との違い

一番大きな違いは日本では管理費とは別に修繕積立金が徴収されるのが一般的ですが、ハワイでは修繕積立金もメンテナンスフィーに含まれていることが多いということです。
日本のマンションの管理費と比べて、「高い」と感じられるハワイのメンテナンスフィーですが、含まれる内容を確認すると、一概に「高い」とは言い切れないことがわかってくることでしょう。



メンテナンスフィーが安いコンドと高いコンド

ここで、メンテナンスフィーの安いコンドミニアムと、高いコンドミニアムについていくつかピックアップしてみました。
ここでは専有面積1平方フィートあたりのメンテナンスフィーを算出しています。
※含まれる内容や金額は異なる場合がございます。


比較的新しいコンドミニアムは、メンテナンスフィーが安い傾向にあります。



一方、ホテルコンドタイプはサービスが充実している為メンテナンスフィーが高い傾向。
コンシェルジュサービスがあるなどプラスアルファのサービスがあるコンドミニアムもメンテナンスフィーは高めになります。



まとめ

メンテナンスフィーは、コンドミニアムを購入して所有すると、毎月の維持費としてかかるもの。
メンテナンスフィーの値段と含まれる内容については、想定外の支出に公開しないように、コンドミニアムを購入するときによく検討しておくことが大切です。
ここでご紹介した内容をぜひ参考にして検討してみてはいかがでしょうか。