ホーム >  全ての記事 >  ハワイの不動産の安全事情は? セキュリティがしっかりしているコンドミニアムとは


ハワイはアメリカの他の州よりは比較的安全とは言われていますが、日本と同じ感覚で暮らすにはとても危険です。
そこでしっかり確認しておきたいのが、コンドミニアムのセキュリティ事情です。
安全に滞在・生活するために、セキュリティのしっかりしているコンドミニアムを探すためには、どんなところに注意するべきでしょうか。




ハワイのコンドミニアムの一般的なセキュリティは?

一般的なハワイのコンドミニアムはオートロックとなっており、コンドミニアムのエントランスにセキュリティシステムが取り付けられ、居住者は「フォブ」と呼ばれるプラスチック製のものやカードタイプのものを使って中に入ります。
プールやBBQエリアなどの共用施設にも、同じセキュリティキーを持っていないと入れない仕様で、外部の人が簡単に中に入れないように管理されています。
鍵だけではなく、エントランスやエレベーターにはセキュリティカメラが付けられている場合も多いです。
エレベーターは、自分の住居がある階しかボタンを押せないようになっている厳重なタイプもあります。
また、警備員が常駐しているコンドミニアムは、夜間に見回りが行われるなど、さらに安心できるでしょう。



駐車場のセキュリティは?

コンドミニアムの駐車場のセキュリティについても、ぜひ確認しておきたいところ。
厳重に警備されている駐車場の場合、駐車場の入口にはゲートが設けられて、セキュリティカードを通さないとゲートが開かないようになっています。
一方で、駐車場にゲートがなく、近隣の人が自由に出入りできるような造りになっているコンドミニアムもあります。



セキュリティの抜け穴は?

気を付けたい点は、このようなセキュリティシステムがあったとしても、絶対に外部の人が建物内に入ってこない保証はないということ。
これは日本のオートロックマンションでも言えることでしょう。
特にホテルコンドミニアムは、居住者の他、常にホテル宿泊客が多く出入りしているため、外部の人が紛れ込んでも気づきにくい状況にあります。
また警備員がいると言っても滞在するのは夜間のみで、日中は誰もいない場合もあります。
さらにエントランスや駐車場の入口が、人通りの少ない場所に面していると、不審者が中に入りやすいという傾向にあるでしょう。




セキュリティがしっかりしているコンドは?

全般的に言えることは、高級なコンドミニアムほど、セキュリティも厳重になるということ。
築浅(新築)物件も比較的セキュリティがしっかりしています。
例えば、カカアコの「ザ・コレクション」「アナハ」「アエオ」では、コンドミニアムのエントランスにホテルのようなフロントデスクが設置けられ、24時間体制でスタッフが常駐しています。
困ったことがあれば、そのスタッフに相談することができるので安心して快適に暮らすことができます。

また、アラモアナパークの目の前にある高級コンドミニアム「パークレーン」は、大型ショッピングセンター「アラモアナセンター」に直結しているため、居住者専用のエレベーターや駐車場入口が設けられるなど、アラモアナセンター利用客と「パークレーン」居住者をしっかり区分けすることにより厳重なセキュリティ体制が施されています。

さらに、現在アラモアナに建築中の「スカイアラモアナ」では、ホテル棟とレジデンス棟ができますが、レジデンス棟はロックがかかっておりホテルゲストとしっかり区分けされているそうです。
居住者用駐車場にセキュリティゲートが設けられている点も安心できるでしょう。




まとめ

コンドミニアムを内覧する際は、居住ユニットだけでなく、このようなセキュリティ面についてもしっかりとチェックすることが大切です。
不明な点があれば、購入を決断する前に、ぜひ担当の不動産エージェントに聞いて疑問を解決しておくとよいでしょう。