ホーム >  全ての記事 >  ハワイの不動産投資 「バケレン」「ホテルコンド」「長期賃貸」の違い


不動産投資といえば、購入した物件にて賃貸収入を得ることですが、ハワイではその運用方法が「バケーションレンタル(バケレン)」と「ホテルコンド」、「長期賃貸」と大きく3つに分類されています。
それぞれ特徴が異なりますので、その運用方法の違いについてご紹介します。




「バケレン」、「ホテルコンド」、「長期賃貸」とは?

まず、それぞれの定義について確認しましょう。

「バケーションレンタル」とは、日貸しできるエリア内に位置するコンドミニアム、または日貸しの許可があるコンドミニアムを所有し、人に貸し出すシステム。

「ホテルコンド」とは、トランプワイキキやアラモアナホテルなどのように、ホテルとして運営されている物件の一室を所有し、ホテル宿泊者に貸し出す方法です。

最後に「長期賃貸」とは、所有するコンドミニアムを6か月以上の長期間で人に貸し出すスタイルです。



賃貸収益

最近のハワイでは、ホテルの宿泊料金が高くなってきていることや、民泊の普及によりバケレン物件が増えていることから、ホテル宿泊料金より安いバケレンに滞在する旅行者が増えています。
バケレンは、宿泊料金が安いため、1~3ヵ月などの長期で滞在する方に人気です。
また、年間を通して利用者が見込める為、比較的安定した収益が期待できます。

また、長期賃貸については、バケレンより賃料の設定は低めになりますが、6か月以上の長期間で賃貸契約を結ぶため、3つの運用方法の中で最も安定的な収入が期待できます。

一方、ホテルコンドの場合は、ホテルのグレードやシーズンによって宿泊料金設定が異なるため、シーズンによって収益に差が出やすい傾向にあります。
ただし、ハワイは年間を通して旅行客が多いため、ある程度の稼働率が期待できます。



オーナー自身の利用

せっかくハワイに不動産を所有するなら、ご自身がハワイ旅行する際に、所有物件に滞在したい方も多いでしょう。
オーナーの利用の可否は、予約状況次第になりますが、比較的オーナー自身が自由度高く物件を利用できるのは、バケレンです。
あらかじめ利用したい日程をブロックしておけばその期間は自由に利用できます。

ホテルコンドは、一般的に広さ・眺望をカテゴリー化し予約をとります。
その為、オーナーが利用したい日程に所有物件と同じカテゴリーの部屋に予約が入っていたとしても、同じカテゴリー内の別の部屋が空いていれば、そちらに案内することが可能なため、オーナーが利用できる場合があります。
しかし、ホテルの運営形態によっては、宿泊期間の上限日数、清掃代・アメニティ使用料等の費用発生など、条件が付く場合があるので注意しましょう。

最後に、長期賃貸での不動産投資は、オーナー自身がその物件を利用しないことを前提として、貸し出す場合が多いでしょう。



物件の施設

ハワイのコンドミニアムには、プールやBBQグリルなどの共用施設がついていることが多いもの。
それぞれの施設の充実度は、物件ごとに異なります。
全般的にホテルコンドは、ホテル宿泊者向けにレストランやコンシェルジュサービスなどが充実しています。
施設の手入れが行き届いているため、常に美観が保たれています。
オーナー自身が滞在するときも、他の利用客と同様にそれらの施設を利用できるのがうれしいですね。



各居室のインテリア・家具

ハワイに不動産を所有したら、ハワイ風のインテリアをそろえたり、自分好みの色を使う等、内装にもこだわりたいですよね。

バケレンや長期賃貸なら、そのようなインテリアを自由に楽しむことができます。
もちろん、リノベーションして、部屋のレイアウトを変えたり、壁の色を変えたりすることもできます。

しかし、ホテルコンドの場合は、家具や家電、キッチンに備え付けられる食器類などまで、すべてホテル仕様に合わせたものを用意することが求められるため、部屋のインテリアや内装を自由に変えることはできません。



物件の管理

物件を所有する場合、管理方法や管理費用についても気になりますよね。

ホテルコンドは、ホテルの一室として管理されるため、ホテルスタッフによる清掃が行われます。
そのため、もし部屋にダメージなどがあった場合、早期発見できるメリットがあります。
また、家具や内装の補修は管理費用から支払われるケースが多く、補修のたびに追加費用が発生する心配は少ないです。
※大規模修繕が行われる場合は、追加修繕費用がかかる場合がございます。

バケレンについても、しっかり管理を行う管理会社に依頼できれば、ゲストのチェックアウト後の清掃及び室内状況の確認を行うことができます。

長期賃貸の場合は、基本的に借り主が変わるタイミングでしか物件の状況確認はできないもの。
そのため、物件にダメージなどがあった場合の発見はどうしても遅くなりがちです。



賃貸管理費用

オーナーが管理会社に支払う管理費用は、「賃料収入の〇%」と設定されているのが一般的。
サービスや施設が充実しているほど費用は高くなるため、ホテルコンド→バケレン→長期賃貸の順に管理費用は安くなっていきます。
※上記の「管理費用」はコンドミニアムの「建物管理費用」のことではなく、賃貸運営・運用会社に対して毎月かかる「賃貸管理費用」です。



まとめ

いかがでしたか?バケレン、ホテルコンド、長期賃貸で、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どんな風に不動産投資を行いたいか、どのくらいの頻度でその物件を利用したいか等によって、最適なスタイルも十人十色です。
ぜひ不動産エージェントに相談しながら、自分にあった投資スタイルと物件を探してみてはいかがでしょうか。