ハワイの不動産に興味を持っている方は、タイムシェアを選択肢のひとつとして考えることもあるでしょう。そこでハワイのタイムシェアとはどんなシステムなのか、タイムシェアのメリットとデメリットについてご紹介します。さらにヒルトン・グランド・バケーションズやアウラニ・ディズニー・バケーション・クラブなど、ハワイにあるタイムシェア施設についてもご案内します。


タイムシェアとはどんなシステム?


ハワイではタイムシェアの施設が多く、各地で説明会なども開かれています。では「タイムシェア」とは、そもそもどんなシステムなのでしょうか?

タイムシェアは1年間を52週に分けて、1週間単位でその物件を所有することができる不動産所有権です。コンドミニアムや戸建てを購入すれば、当然そのオーナーが好きなときに好きな時間だけその建物を利用することができます。一方タイムシェアは、自分が所有する期間は1週間単位なので、その間だけ利用することができるのです。


タイムシェアのメリット


タイムシェアを所有するメリットは、購入価格がお手頃になるということでしょう。1週間単位で自分が利用する期間の分だけ支払うこととなるので、通常の不動産購入に比べると費用をずっと抑えることができます。またハワイに不動産を所有すると、自分が利用していない間についても管理費などの諸費用が発生しますが、タイムシェアなら自分が使う分だけの支払いとなるので経済的に利用することができます。

またタイムシェアの部屋は、通常のホテルの部屋よりも広く、キッチンや洗濯機、乾燥機も備わっているケースが多く、ゆったりとしたリゾートライフを堪能できます。さらにタイムシェアは不動産登記が行われ、資産として残していくことが可能なことも大きな魅力です。

タイムシェアリゾートの多くでポイント制度を設けており、自分が泊まれる権利分のポイントを、そのホテルグループの別のリゾートに宿泊して使うなど、自由度も高いシステムが用意されています。




タイムシェアのデメリット


一方でタイムシェアのデメリットとしては、自分の希望する期間に予約がとれない可能性もあるということ。理論上、ひとつの物件を52人のオーナーが共同で所有することとなるので、年末年始や夏休みなどのシーズンは、他のオーナーと予約が重なり希望通り予約できないということも生じてしまいます。タイムシェアには一般的に、毎年決まった週に予約を確約する「固定週」での利用と、自由に好きな時期に予約可能な「浮動週」の利用から選べますが、ピークシーズンの固定週となると、割高になります。またタイムシェアでは、初期費用や年間の管理維持費がかかることも忘れてはいけません。



タイムシェアのリセールとは


一度タイムシェアを所有したけれど、ハワイに渡航する機会が減ったことや、家族構成が変わり別の物件を購入したことなど、諸事情で売却されることもあります。この売りに出されたタイムシェア物件を購入することを「リセール」と言います。リセールの物件価格は、タイムシェアリゾートから直接購入した場合に比べて3割以上割安になる場合がほとんどで、元の所有者が持っていた権利とほぼ同じ権利を所有することができます。ただし、リセール物件についてはホテルのポイント制度に制限を設けている場合もあり、リゾートごとに諸条件は異なります。



ハワイにある主要なタイムシェア


ハワイにある主なタイムシェアには、次のものがあります。


ヒルトン・グランド・バケーションズ


ハワイのほか、カリフォルニア、フロリダ、イタリアなど世界各地のリゾートに展開するタイムシェア。日本にも販売オフィスがあり、日本人向けのサービスも充実しています。ヒルトン・ハワイアンビレッジのほか、ハワイ島にも物件があります。


アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ


ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のディズニー・バケーション・クラブが運営するタイムシェア。ディズニー好きの方に人気の高いサービスです。コオリナにある「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」を利用できます。


クラブ・ウィンダム


世界最大級のタイムシェア企業がクラブ・ウィンダムです。ウィンダムの物件には、ワイキキ・ビーチウォークのほか、ハワイ島やカウアイ島などにも数多くあります。



コンドミニアムや戸建ての所有か、タイムシェアを利用するか。ハワイに訪れる頻度や目的、どんなハワイステイを実現したいかによって、どの選択肢が最適か検討していきましょう。