ハワイでの不動産購入のプロセスにおいて、多くの日本人の方が戸惑ってしまうのが、「エスクロー」という特有の仕組み。エスクローとはどんなものなのか、エスクローで行われる内容や必要期間など、エスクローの基本についてご紹介しましょう。

 

 

「エスクロー」とは、不動産取引を公平に行うためのシステム

不動産の取引では、売主と買主の間で必要書類のやりとりや購入代金の受け渡し、所有権の移転、登記登録などが行われます。これらのプロセスを安全かつ公平に行うためのシステムが「エスクロー」です。エスクローを担うのは、エスクローを専門に行っているエスクロー会社。このエスクロー会社が、売主や買主のどちらの立場にも立たない第三者として、取引を公平にスムーズに行います。

不動産取引は高額を取り扱うため、万が一トラブルが発生し金銭的な損失が生じるとその大きさははかり知れません。

しかしエスクローでは、各種の書類のやりとりから代金の受け渡しもすべてエスクロー会社を介して行うこととなります。つまりエスクローは、不動産取引におけるトラブルを未然に防ぐための大切なプロセスとも言えるのです。

 

 

エスクロー会社が行う主な業務

エスクロー会社が行う業務としては、次のようなものがあります。

・事前権利の調査

取引される不動産物件に、売主以外の権利がないか、名義の確認や所有権の種類(土地付き所有権か借地権か)などを調査します。売主がローンを利用していれば、ローン残高を調査します。

 

・固定資産税・コンドミニアム管理費の支払い状況の確認

取引される不動産物件の固定資産税やコンドミニアムの管理費など、支払い状況を確認し、未払いがないか調査します。またそれらを日割計算して、売主と買主それぞれが支払うべき金額を提示します。

 

・権限保険(Title Insurance)の加入

買主は「権限保険(Title Insurance)」と呼ばれる保険に加入します。これは所有権に関して、不動産取引後に買主に不利となることが生じた場合、その損失を保証する保険です。

 

・登記書類の作成

登記所で権利移転登記を行い、買主に新しい権利証を交付します。

 

・売買代金の決済

買主は購入代金をエスクロー会社の口座へ支払い、エスクロー会社がそこから諸経費などを清算して売主側へ代金を支払います。

 

 

エスクローを利用するメリット&デメリット

エスクローを利用することで得られる最大のメリットは、不動産取引を安全にスムーズに行えるという点でしょう。特に日本に暮らしながらハワイの不動産を購入する場合は、きちんと取引が進められなければ不安が募るものです。しかしエスクローでは、第三者機関として買主にも売主にも双方に取引の保証や安心感をもたらしてくれます。

一方デメリットとしては、エスクロー費用がかかることが考えられます。ただ、特に海外での不動産取引において、公平に取引ができるよう監視してくれるエスクローのプロセスは、心強く感じられることでしょう。

 


エスクローにかかる期間は通常3045

不動産の購入を考えている方に気に入った物件が見つかった場合、買主側が売主に購入の意思を伝え、売主と買主それぞれの担当エージェントがやりとりを行います。こうして購入金額と双方の条件について互いに合意を結ぶと、「エスクロー」のプロセスに進みます。

まずはエスクロー会社に売買契約書が送られ、エスクローを開設することとなります。ここから登記が完了するまでは、通常3045日程度かかります。

 

 

エスクローの費用は物件購入額の12

エスクロー会社を利用してエスクローを進める上で、必要な経費がかかります。このエスクロー費用は、およそ物件購入額の12%です。これを売主と買主が半分ずつ支払います。

 

 

エスクローは売主と買主にとって、不動産取引のトラブルリスクを軽減してくれるものです。ハワイで不動産購入を考える方は、ぜひこのエスクローについて理解した上で、購入のステップを進めてみてはいかがでしょうか。