ホーム >  全ての記事 >  ハワイの不動産を担保に資金を調達できる!「海外不動産担保ローン」とは

ハワイに不動産を所有すると、ハワイ旅行で自分の家に滞在できたり、投資物件として運用できたり、さまざまなメリットを得ることができます。

そんな数多くあるメリットのひとつに、「海外不動産担保ローン」の利用が挙げられます。


そこで「海外不動産担保ローン」とはどんなものか、利用できる金融機関はどこか、順にご紹介しましょう。




「海外不動産担保ローン」とは?


「海外不動産担保ローン」とは、名前の通り、海外に所有する不動産を担保にしてお金を借りることができる商品です。

日本では、日本国内にある不動産を担保にしてローンを組むことは一般的でしたが、海外不動産については対象外となっていました。しかし、ハワイは日本人に人気が高く、ハワイに不動産を所有する日本人オーナーが多くいること、さらにハワイの不動産の価値が高いことから、日本の金融機関で「海外不動産担保ローン」が生まれたのです。

海外不動産担保ローンは、日本国内に担保となる不動産を所有していなくても、融資を受けられるということ。

しかも海外不動産担保ローンは、海外なら世界中どこにある不動産でも対象となるわけではなく、ハワイの一部地域の不動産に限定されます。つまり、ハワイに不動産を持っていることがポイントとなるのです。

しかしながら、このようなローンを用意しているのが一部の金融機関だけという点です。




東京スター銀行のハワイ不動産担保ローン


海外不動産担保ローンの商品を提供しているのは、東京スター銀行です。

「ハワイ不動産担保ローン」の詳細は以下の通りです。


<東京スター銀行のハワイ不動産担保ローン>

金利  年2.8%(円建て固定金利、保証料含む)

利用対象者  個人(日本に居住している日本国籍の方)、法人(日本国籍企業)

資金使途 事業性資金(ハワイ州オアフ島南岸に所在する賃貸不動産の購入資金、日本国内で営業する事業用資金など)

担保 ハワイ州オアフ島南岸を所在地とする不動産

融資額 1000万円~2億円

融資期間 1年~5年

返済方法 元利均等返済(最長の場合、期間30年で算出します)

保証人 原則不要(株式会社日本保証およびJトラスト株式会社が保証会社となります)


担保となるのはオアフ島南岸エリアにある不動産で、ワイキキ、アラモアナ、カカアコ、カハラ、ハワイカイ、エバビーチなどが含まれます。申し込みから契約まで日本国内で手続きが可能で、変動リスクのない円建てで借り入れが可能です。

加えて日本での事業資金のほか、ハワイで2軒目以降の不動産購入資金など、幅広い用途に利用できます。


東京スター銀行は、日本保証と融資保証分野で業務提携を結んでおり、2019年から日本保証でも「ハワイ不動産担保ローン」の提供が行われています。



東京スター銀行「ハワイ不動産担保ローン」


https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/domestic/financing/hawaii/


日本保証


https://www.nihon-hoshou.co.jp/

https://www.overseasproperty.jp/ovseaspro/



「海外不動産担保ローン」は、日本人に好まれるハワイだからこそ登場した商品と言えるでしょう。ハワイ不動産を購入したときのメリットとして、ぜひ覚えておいてはいかがでしょうか?


※海外不動産担保ローンの詳細や利用条件については、金融機関に直接お問合せください。